NOTHING

融ける臓物の妄想に湧く真珠色のジョセフィーヌ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

愚鈍3

「悩むという事はまだ君が人間だって事じゃないのかい?」

僕の足下に這い蹲ってただ食欲を満たす事に夢中になっていた元人間は
そう言いながら喉の奥から咳き込むような嫌な声で笑った

「そんな風に思考できる君と僕の違いなんて僕にはよくわからないよ。
僕もそのうち君達のようになるのかな?」

周りを見渡せば同じように元人間だった元生物がそこかしこで食欲を満
たすための行動に夢中になっている。世間では彼らをゾンビと呼んで嫌
っているが彼らが食べるのは新鮮な人間だけなのでそれも仕方ない事か
もしれない

「もしそう成るんだとしても、それは僕達には解らない事だよ。僕達は
君達みたいに生きているわけじゃないからね。同じ元は人間だといって
も根本的な違いがある以上僕等のようなゾンビと君達との違いなんて考
えるだけ無駄じゃないか。それこそ考えれば考えた分だけ疑問が出てく
るだけで…。僕達は何処かで運命に選り分けられたのさ」

「運命かぁ…」

そう呟きながら空に目を上げると星が降ってきそうなほど瞬いていたの
でしばらくぼんやり眺めていると今まで足下で忙しなく食事をしていた
元人間の動きが止まっているのに気付いた

「死んでしまっている君達の活動が止まってしまう事はなんといえば良
いんだろうね?やっぱりそれも死ぬって言うのかなぁ?」

もう物言わなくなった元元人間にそう語りかけつつその腐敗加減を確か
めてから手を合わせた

「いただきます」
スポンサーサイト
  1. 2005/10/28(金) 03:36:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

愛してるの活用

文章は書きかけで書きためてあるので今日は趣向を変えてみる

言葉というのは使い方ひとつで印象を全然変えるものだ。
たとえば「愛してる」と相手に伝えるとする。いや言うことも無いけど
仮の話としてであって、あと誰にでも解りやすい言葉だし…
と必死のいい訳はこの位にして。ただ伝えるという行為でなく
折角ネットや携帯で色々アレンジできるのでその辺り実例で

例1 シンプル 「愛してる」
これはアレンジもなんも無いのでそのままでもとれるし逆にアレンジしてない分社交辞令とも取れる。でも普通に使う時はこれが無難だろう
例文「ブサイクだけど愛してる」「殺したいくらい愛してる」

例2 顔文字 「愛してるヽ(´ー`)ノ」
一見フレンドリーそうに見せかけて上手く誤魔化してるのが薄々見える。顔文字を他のものに変えるだけで馬鹿にしてるようにも取れるという一番バリエーションの豊富なパターン。一歩間違えるとただの馬鹿に見えるから注意だ
例文「ワーイ愛してるナリィ~ヽ(´ー`)ノ」「~(┌┌┌ ´Д`)┘愛してるにゅ~」

例3 点1 「愛してる…」
含みを持たせることによって相手に…の部分を考えさせることが出来る。後に続くのが「のに」なのか「から」なのかなんなのか。ただし想いが通じ合ってない場合や「愛してる…愛してる……愛してる………」などと連続で書いたりしてしまうと非常に怖くなるので注意
例文「愛してる…一緒に…死んでくれる?」「愛してる…死ぬまで…死んでも…」

例4 点2 「…愛してる」
点1と逆に…を頭に持ってきたパターン。この言葉を言う前の言動からの流れで考えつつ言っているという事を演出できる「~だけど」「~でも」「~だから」も同時に内包して使うことが出来るので使う前の会話などが鍵になる「あたし今日もリスカしちゃったよ…毎日あなたのこと考えると苦しくて…愛してる」なんて使い方が相手へダメージを与える場合には効果的だろう
例文「もう時間がないよ…愛してる」「これも全部あなたの為なの…愛してる」

例4 カタカナ 「アイシテル」
言葉の割には無機質に伝わって来るというその時の心情次第で激しく偏りが出来る使い方。連続して書くと更に効果的だがその場合1文字ごとにスペースをいれるといっそう狂気の度合いが高くなるだろう。連続で書く場合たとえば携帯ならほぼ文字数限界までいれた方がインパクトも高くなる。お薦めとしては文字数限界ギリギリまで使い最後の1回を少しだけ変えることで狂気の度合いを高めると良いだろう。半角に変換するのも文字数制限内に大量に詰め込むという観点からも良いだろう
例文「アイシテルノニドウシテイツモソウヤッテ…」
「ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ ル ア イ シ テ 」


またいつかへ続く
  1. 2005/10/05(水) 10:13:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

愚鈍2

「僕がもし…じゃなくて僕達がもし普通の人達と同じような身体に
産まれてきていたとしたら僕達は幸せになれたかと思うかい?姉さん」

少し早い夕飯を屠りながら弟がそう言った

「どうかしら?まぁ少なくとも今よりは寂しい思いをしていたかもしれないわよ
こうやっていつも一緒に居る事も出来ないしね」

少し早い夕食を屠りながら姉がそう言った

姉弟は産まれてから現在まで絶えず一緒だった
何処へ行くのにも何をするのにも

今日ここへ夕食を探しに行こうと言い出したのは弟の方だった
姉は反対する理由もなく従った
弟の意志は姉の意志であり姉の意志は弟の意志でもあるからだ
それでもお互い独立した自我はあった

「僕達はお互い独立した自我を持ちそれぞれ別の思考も出来るというのに
なぜ同じ意志で動くように出来ているんだろうね?」

弟がいつもそんな事ばかり考えている事が姉には少し不安だった
もしかしたら自分と一緒にいる事を望んでいないのではないのだろうか?
そんな風に考えるとやりきれなくなり涙が流れそうになった

「姉さん…泣かないでよ。僕まで泣いてしまうよ」
「ごめんね。私なんかがいるから…」
「何言ってるんだよ。姉さんがいるからこそ僕もこうして居ることができるんだから
僕達、二心同体じゃないか」
「二心同体…ね…」

そうして少しため息をついた姉は2人で1つの身体に産まれてきた事の意味について
少し想いを馳せたが、弟が夕食を屠り続けているその味覚の刺激の強烈さにすぐにそれを忘れ
同じ意志の元、二心不乱に腐肉を屠っていた
  1. 2005/09/12(月) 18:45:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

愚鈍1

ぐじゅるじゅると腐り墜ちた肉片を口に含むと
まだ口腔内に残存していた熱がその油を溶かしだしながら
喉を通り抜け食道を滴り落ち胃壁へと吸収されていく

思考回路に汚穢のようにこびりつくその感触の記憶だけが
僕の持っている唯一の記憶みたいだ

何時?そんなのワカラナイ
何故?そんなのワカラナイ

ただもう一度その感触を味わえるなら何か取り戻せるような気がして
両足を交互に前に進めているだけ

それにしてもばかばかしい位に静かな夜だ
聞こえてくるのは僕の重くなってしまった足を引きずる音と
生きとし生けるもの達の発する弱々しい呼吸音と心拍音

ふと心拍音を近くに感じたのでそちら側に目を上げると
なにやら風変わりな薬の血中濃度が高い女が焦点の合わない笑顔で
「オニイサン」と囁きながらスカートをめくり上げていた

薬の成分は解らないけれどもとりあえず手頃だと思ったので
右手の親指と人差し指と中指と薬指と小指で喉を握りしめると
ヒューヒューと音を出してビクビクと身体を震わせた後動かなくなった

はやく腐らないかなぁ…

僕は待ちきれなくてその女だったものを弄りまわして遊んでいたら
いつのまにか射精してた
  1. 2005/09/08(木) 17:01:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

プロフィール

LALA

Author:LALA
10代の頃からほぼ根無し草な生活
とりあえずやってみたい事はやってみる主義。モデル、文筆、デザイン、音楽、映像、等々、片っ端から手を出すがほぼ極めていない。無駄に渡英癖があり英日をフラフラしがち。現在は都内にて音楽活動等をしているようだ。ここの更新は激しく稀なようだ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。